ゆらり人の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 物は考えよう・あの瞬間・予告

<<   作成日時 : 2017/06/25 10:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 329 / トラックバック 0 / コメント 20

皆さまこんにちわ!
 前回はあまりいい内容ではあませんでしたのに多くのお気持ちを頂きありがとうございます。
本来、馬鹿話にコミック会話が私の範疇なのですが時に外れて偶には真面目なように思える記事も載せてみて。
 御用とお急ぎのない方は一寸だけ齧ってみてください。
今回も役に立たないお話にわざわざ予告編なんて勿体付けて墓穴を掘る準備が出来ましたので、笑って
こらえてね。

@ 物は考えようで。

 さて、前回は車椅子を使うにあたり不便な環境の家で有ることをお話しましたね。
今は必ず必要とはいえませんがそれでも近い将来必ず必要になることを想定しての準備なのでした。
 何故なら車の運転が難しくなり、出来るとは思うのですが、ここは意志を強くして降りることにしたのです。
だってね、もし事故を起こしたら必ず重大事故を引き起こすで有ろうと言うことと、その保障のために余命のすべてを費やしても償いきれないことになりそうですからね。
 のっけから暗い話ですが、そこで表題にあるように物は考えようという思考の元のお話です。
車を降りることは動く手段が何かと考えると公共交通機関か自転車、車椅子、電動カート等々です。
これも荷物の量によってはそれぞれ考えなければなりません。
では車のように手足にするためにはタクシーしかありません。
「そんなんめちゃくちゃ金、かかるやん」となりますね。

 でもね、考えようによってはそれでも十分賄えるのではということ。
因みに、車を持つことによる維持費がどれだけ必要であったかと言うことです。
皆さんのようにお若ければ車の利用回数が毎日のように動かすでしょうね。
そうなると、やっぱりそちらの方が便利でそれに見合う効果があると思います。
 当然その条件下では比較にできませんが、一応、世間並みに仕事を成し遂げリタイヤし思う存分運転をして 家族共々楽しんだのですが時期が来れば仕方ありません。

 話は戻ってその費用です。
車税金、保険、維持費、ガソリン代条件によっては駐車代等を含めると最低、月2〜4万円は必要になるでしょう。(当然、軽自動車普通車にもより前後するでしょう)
さらにローンがあればまた別ですが一応完済したとしてです。
そこでリタイヤして出かける回数はどれぐらいかと言うと、夫婦で旅行、ドライブは別にして週に3回ほどの買い物で事足りるでしょう。
場合によっては通院に月1〜2回。
この内、バスや電車で行ける用事が3分の1あったとすると月10回程度です。
もし、タクシーで片道1000円掛かるとして往復2万円ほおど。
時により片道2000円として往復4000円です。
今、免許を返納して証明書を提示するとタクシーにもよりますが1割引きになります。

どうでしょうか?
どうしようもないと考えるより、この様な割り切り方をして車を無くしその費用を当ててみてはどうでしょうか。
我が家はまだ土日子供達が運転してくれますから月にあまりタクシーも利用していませんが、頼めば頼むほど融通を付けてくれ今は電話をするだけで「あっ!ゆらりさんですね、何処行きます?待ってt下さいねすぐ行きますから」みたいなことになっているようです。
 
でも本当は車に乗って好きな所に自由に行くのが理想ですがね。
何時か、サンフラワーに乗って九州弾丸旅をしに行く予定です。
 往復1万円で夜船に泊まり朝について別府で温泉、周遊観光バスで遊び、その日の夜の船で泊まり朝大阪に着くと言う旅です(ほかに志布志などのコースもあり)
 
そして、もう一つのしたい事はローカル列車に乗って駅弁買って景色を見ながらそれを食べてうたた寝して、いいとこあればそこで降り数時間のんびり散歩、また列車に乗って駅弁食べて、またうたた寝して・・・・なんてね。
バスと違ってトイレもあるし席は選び放題・・・・・こんなことしたいのです。
チョットせこいかな?
なんだか車に乗れない腹いせ見たいな記事に読めるかな?・・・・これでいいのだ!

その 2  もし命が切れたらこんな感じかな?(あの瞬間は)

 またまた変なタイトルで、も〜〜読みたくない!なんて思われましたか。
すみませんね、そう言わず片眼でいいですからチラッと読んでやって下さい。
その訳は次の予告編に繋がりますから。
 私が昨年に手術をした時のお話です。
私、怖がりの癖になんでも興味があり負けるか!と言う思いで臨んだこと、それは全身麻酔をかけられる時のkとです。
 以前に下半身だけ麻酔をかけられ意識ははっきりしていたが眠る定後の麻酔でごリルの音は聞こえるし(足を骨折した時)会話も聞こえるような手術の経験はありましたが。
 話を進めますね。
いよいよストレッチャーに乗り手術室に入ります。
6人ぐらいの専門家が「ゆらりさん私たちは麻酔科の者です、今日は安心して私たちに任せて下さいね。お話を事前に聞いていますから安心してください。
目覚めた時は何も器具はついていませんからね、今から心電図、脈拍、血圧などをはかる機械を付けて点滴液に麻酔を入れますよ、ゆっり休んでいてください。私たちが完璧に管理していますからね。」と
 私、軽く頷く。(実は事前に麻酔科の先生に「私。テレビや映画に出てくる手術の時に口からチューブを入れたままにしているシーンを見ると卒倒しそうになり息も出来ないような感覚になり暴れるかも分かりませんよ。絶対に目が覚めるまでに外しておいて下さいよ」
「大丈夫ですよ、任してください、今からお薬り入れますね」
私の事なんでも興味を持ちますから麻酔が効いたらどうなるんやろ?麻酔と勝負してどこまで耐えるか」と。
 薬が点滴のチューブを通ってくると何となく冷たくかんじます。
腕から首にその感覚が通ります。
そして・・・・・・・・・・一瞬です・・・・・・・・・・うっすら瞼に明かりを感じていたのが真っ暗に。
その時にはもう分かりません。
ただ、暗く何もなくなった瞬間の時、たしか女性の声で「OMKです」と聞こえたような気がしました。
後から、麻酔が完了したとの意味でしょうか?
本当に何も感じることなく・・・無?・・・・・・・苦しむことも気持ちも無くない。
 そして目が覚めます。
「ゆらりさん、分かりますか?良く寝ていましたよ。口にも何も入れてませんよ安心した?」
ぼや〜とした頭で「見たらわかります、有難う」
麻酔が効いてから呼吸のためのチューブを入れ目覚める前に外すのでしょうね。

 これって、死ぬとき、命が切れる時って本人はこんな感じで旅立つのでしょうか。
安楽死ってこんな安らかな死に方なんだろうか?
義理の兄が無くなる時、看護師さんが「耳だけは少しだけ最後まで聞こえていますから話しかけて揚げてくださいね」と言っていたけど。
最後の{OKです」は私に聞こえた最後の言葉に匹敵すのかな?

 その 3   予告編
 へんなお話をお読みさせましたね。ごめんなさい。
そのことを経験したから生まれたお話を始めようと思います。
またまたあまり読みたくない話になるかも分かりませんが・・・・・・・・・
 
 もし巷に言われている天国があるとするとこんな階段を上がり最後にたどり着いた先にはと言うお話。
数年前にも書いたのですがその時とは違う内容になってきています。
以前は、その先にはお花畑がありす清々しい空間の中で、先に旅立った家族や仲間と仲良く暮らす・・・・みたいな話でした。
是非、よろしければ読んでやって下さい。
 
 新天国への階段

 登場願する妖精?神様・仏様?
私、宗派にはこだわりがこれ一つありません。
どこか聞いたような話もありますが便宜上そうしないと作れないからでり、あら捜しでもしてくださいね。
決して暗い話ではありません。
こんな優しそうで頼りになる天国の従業員?です。
画像


 両サイドのお方は右が天女左が鳳凰
 真ん中のお方たちは案内人です。
 読んでいただけるかしらん?・・・・・・・・・・・。

   サイズ   4cmX1,5X1,5cm  と  2cmX1cmX1cm程度です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 329
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
色々貴重な体験と日々のお考えも大変
勉強になります。 私も車の任意保険料が
バカ高くなり、年金だけの生活では負担が
大きくなりました。車に限らず色々決断して
身を軽くすることも考えながらも中々
実行出来ないのが悩みです!
体が歳と共に不住になる中でも、具体的な夢を
語られるゆらり人さんを見習わなければ
と思いました!
ポジティブオーラ
2017/06/25 12:48
日頃、車に乗るのが仕事のような僕なんで、経費を考えるととんでもない金額になっています。ただ今のところは大丈夫なんですが、毎年、長距離になると、だんだん休憩時間が長くなってきています。
まだ全身麻酔の経験はなくて局所麻酔で足の縫合手術をしたときは泣きそうなくらい(泣いてましたねTT)痛かった。。医者は痛がる僕を観ながら、おかしいなあなんで麻酔が効かないのかなあで3回麻酔注射、その駐車がもっと痛かった><、それ以来注射は恐怖の対象になっています。
つとつと
2017/06/25 13:27
その1
車は便利で快適で、活動範囲も広がりますが、
わたしは車は苦手です。
ハンドルをにぎると、
ヒトが変わってしまいます。
きっと隠れていた気性が、
いっきに殻を破って出てくるのかもしれません。
廃車にした時はホッとしてしまいました。

わたしは、何と言っても自転車!
経済的にも「ものはかんがえよう」ですよね。

サンフラワ−、
和歌山や高知によく行きました。
懐かしい!

その2
全身麻酔の経験はありませんが、
『安楽死』の入り口にさしかかっているような、
そんな気分になるのかもしれませんね。
昔、
『ソイレント・グリーン?』って映画を観ました。
そこである老人が『安楽死』をのぞみ、
円型のド−ムに入ります。
『田園』が流れています。
スクリ−ンには自然の木や草や花々や、
動物たちの映像が流れています。
たくさんある椅子のひとつに腰を下ろし、
老人は穏やかに静かに音楽と絵にかこまれて、
やがてゆったり眠りにつきます。
評判の高い映画ではなかったような気はしますが、
いまでもその場面が心に焼きついています。

ゆらり人さん
全身麻酔から覚めてよかったですね。
だってこんなに素敵なブログで、
たくさんのヒトを楽しませてくれているのですから。

その3
「新天国への階段」
楽しみにしています。

長々と失礼しました。
ひらひらと
2017/06/25 13:50
私も病気をしてから運転免許の更新はしていません。ですからもう車の運転はしていません。タクシーの使用についても貴方と同感です。我が家は妻が運転してくれているので,今のところタクシーの使用はほとんどないですが,将来のことを考えるとタクシーの使用は考えておかなくてはと思っています。
私も全身麻酔での手術の経験がありますが,
手術室には行って背中を丸めたところまでは覚えていますが,それから目が覚めるまでは全く記憶がないです。
約8時間の手術でしたが,あっと言う間の出来事でした。きっと逝くときもこんなんでしょうね。何だか臨死体験したみたいですね。(笑)
おいちゃん
2017/06/25 14:54
ポジティブオーラさんこんにちわ。
早速、お読みいただきありがとうございます。
基本的にあまり深く考えるタイプでもないので何とかなっていますよ。
やはりいずれ誰でも迎えることですから、具体的な考えを持ちつつまったりと出来る生活を心がけています。
ゆらり人
2017/06/25 17:28
つとつとさんこんにちわ。
私も2度目の経験でしたが、こんな風に効くんだど感心させられました。
医学が進歩し、ほとんど苦痛なく治療が受けられることに感動しましたよ。
若い人が読めば「なに暗い事かいてんねん?」と思うかも分かりませんが、ここまでくると冷静に感じ取ることが出来つつありますね。
出来るならこんな経験したくはないですが、何かの参考になればと思い書いてみました。
お互い自分の体を自愛しましょうね。
ゆらり人
2017/06/25 17:35
ひらひらとさん、こんにちわ。
何の恐怖もなく好奇心一杯で麻酔を経験しそんな風にかんじました。
吸い込まれていくように意識が無くなり、すべての人が苦しまずに生涯を終えることが出来ればこれに越したことはありませんよね。
テレビのドキュメントで安楽死の場面を見ましたが、あんな冷静に受け入れている人を見てふとこんな感じなのだろうかと思い今回の新天国への階段を思いつきました。
是非ご覧にただければ嬉しく思います。
ゆらり人
2017/06/25 17:45
こんにちは!
免許の返納はいずれしなければと思います。その先のことを考えると私の住む地方都市では難しいものがあります。
全身麻酔一度だけしたことがあります。起こされるまで何の苦痛も感じませんでした。
臨死体験した知人の話だと青空に綺麗なお花畑を見たそうです。足元で名前を呼ばれふと我に返って生還したそうです。
eko
2017/06/25 17:52
おいちゃんさんこんにちわ。
全くの予備知識のない物には案外平気で受けることが出来ました。
それ以上に、興味が湧き、まるで人体実験みたいな気分で麻酔を受けました。
お互いどこかかしこか悪いところが出てきますが、あまり深く考えずできる事を楽しみましょうね。
私も免許はまだ返納していません。
急にどうしても乗らなければならない時があればと思うと返納を躊躇してしまいます。
自身ではまだ運転できると思い込んでいる所がありますから車を完全になくすことを先ずはしなければなりません。(これが悪夢を生む原因にもなりますよね。)
しかしながら、まだここは交通の便がいいからですけど、田舎に行き車の量が少なければ多分運転しているかも知れませんね。
お互いに前向きに楽しみましょう。
それが一番と考えています。
やることがあること、会話があること、を無くさないように。
ゆらり人
2017/06/25 17:58
ekoさん、おはようございます。
確かに免許の返納は強い意志と準備が必要になりますね。
しかも、交通の便が悪いと余計に手放すことは難しいと思います。
そして、交通量が少ないところに住んでいる場合は「車もほとんど通らないし大丈夫やろ?」と思うのがごく普通の事だとも思います。
いずれにせよ、最後は自分で結論を出さざるを得ませんね。
私も臨死体験だと思うのですが、昔、狭心症で寝ていていつの間にか天井にいて親子3人が寝ているのを見たことがあります。
何でおれが寝てるのを俺が見てるんやろ?と思った瞬間どこからか「起きろ!」と声がして体がぴくっとして瞬間にまた布団にいました。他にも経験し先生に「おれ、心臓止まってたんと違いますか」と先生曰く「悪夢を見たんや」と、今も鮮明に記憶しています。
他にも2回ほど違う形で経験しました。
次回のお話は今回の件と合わさって自然に出来てきたので是非お読みいただきまた感想をお願いします。
但し、まったく暗い話ではありませんのでよろしくお願いします。
ゆらり人
2017/06/26 09:13
ゆらり人さん  こんにちは。

私も、全麻を2度しましたが、事前説明と
信じることが治療には必須と思って
いましたから恐怖心もなく、麻酔から
すっきり覚醒しました。しかも麻酔に
よる後遺症もなく医療の進歩に驚きました。

面白い・心が休まるブログですが、
笑いの中にも、物事の真髄を考えさされ、
真摯に人生を送って来られた様子
が見えてきます。
風の色
2017/06/26 12:23
私も運転は、ある程度で止めようと思ってます
それで駅から歩いて10分内に住んでます
坂はありますが。。。(笑)

私は、いっぱい切ってるので(笑)
全身麻酔は3回、下半身麻酔1回、局所麻酔2回やってます
局所麻酔で首と肩を切ってるので、それが1番嫌でした
音は聞こえるし、何となく切られてるとか縫われてるとか解って恐ろしかったです
全身麻酔は酸素からいきますって言われた後は記憶にないですね(笑)
目覚めたら。。。腰が痛かったです(笑)

次回は「新天国への階段」なんですね
バックにレッド・ツェッペリン流れてると思いながら読むのを楽しみにしてます
とまる
2017/06/26 16:57
その1
免許証返納よく決断されましたね。ご自分で決められたのは素晴らしい!
私の場合、まず夜の運転はやめ、今は遠くへの運転もやめ、このままだたフェイドアウトしそうですが、最後はゆらり人さんのように自分の意志でやめたいと思っています。タクシーの件もその通りだと思います。
サンフラワーでの弾丸旅もローカル線でののんびり旅(青春18キップ?)も体力要りそうですよ。体力づくり頑張りたいですね。
その2
私の父は眠るようにいきましたが、同じように「最後まで耳は・・・」と看護師さんにいわれました。
私は飛行機に乗って雲の中を飛んでるとき、このまま天国につながっているといいなと思ったことがありますよ。天国にと思っているところは自分でも図々しいと思っていますが。。。
流れるのは讃美歌がいいな(信じてる宗教はないのですが)
その3
前の天国への階段、読ませていただきました。
私は天国に行って荷物を下ろし、お花の中で家族や仲間と仲良く暮らせるなら迷わず下界への階段ではなく、天国への階段を選びます。小さい子供もいないし、この世よりあの世で待ってる人のほうが多いからでしょうね。
新天国への階段も暗くないそうで、どんなんかなぁー
楽しみにしています。
すずりん♪
2017/06/26 17:41
風の色さん、おはようございます。
そうですか、2回も経験されたのですね、でもご無事で良かったです。
本当に技術が進みほとんど苦痛を感じることなく終わり仰るように術後の方がはるかに痛かったですね。
天国の階段もどうしても暗いイメージになり皆さんに読んでいただけるか不安ですが再度挑戦です。
今度は少し明るい感じで笑いもあるような雰囲気でかいてみます。
その時はよろしくお願いします。
ゆらり人
2017/06/27 09:10
とまるさんおはようございます。
皆さん、齢を重ねるごとにどこか悪くなり解体修理が必要になりますね。
致し方ない事ですが出来るだけそうならないように、お互い注意しましょう。
次回の天国の階段は麻酔で受けた経験で考えが少し変わり以前お時最後の締め方が変わりそうです。
レッドツェッペリンの音楽に会うのは多分、以前書いた天国の階段の方が合うと思いますので、よろしければおひまな時に読んでみてください。
今回は少し砕けて柔らかく多少の笑いも含めての再編にしようと思っています。
ゆらり人
2017/06/27 09:19
すずりんさん、おはようございます。
今回は少し暗い感じのブログなので読んでいただけるか不安でしたが、大変うれしく思いました。
題材としてこの手のブログは敬遠されるであろうと思いましたが敢えて書きます。
最後の結末はすずりんさん、をがっかりさせるか分かりませんが、少し夢物語から現実の死後を手術をしたことで考えが微妙に変化しています。
言葉もある程度友達言葉を使いやわらかな雰囲気で。
前回の階段まで読んでいただき本当に嬉しいです。
免許証も警察署に持って行ったら3週間ぐらいかかるし手数料もかかるので免許センターでいた方が安いとのことです。写真も準備していかなければなりませんが、センターでは、その場で写してくれ、直ぐに発行してくれるらしいです。
子供にお願いして連れてb言って貰います。
でも、寂しいです。
車も何台も乗り換え、舐めるように磨いて「車!命!」だったのでね。
乗らないことで行動範囲が狭くなり、運動不足にもなりその上、ストレスも溜まりますね。
だから尋常じゃない旅もいいかな〜?って思って。
体力持つかな?
ありがとうございました。
ゆらり人
2017/06/27 09:40
こんばんは。
車の免許をいつ返上するかは嘆かわしい問題ですね。
事故を起こさないようにと細心の注意を心がけてはいますがこればかりは予想がつきませんからね。
近年は遠出はしなくて近場ばかりになりましたが・・・近場だからと安心ではありません。隣でうるさく注意して機嫌を損ねますがでも四つの目で見る方がいいですよね。いつかは決断しなくてはならない年を迎えています。 手術の時の麻酔でふとそんな感じを持たれたのは私も同感ですよ。涙道の手術をした時に全身麻酔をしました「。麻酔をしますよ」と言われた瞬間一瞬で意識が飛んでしまって気が付いた時は病室にいました。その時にあ〜あ、死とはこんな瞬間なのかなと思ったことを覚えています。苦しまなければいいなと思ったりしました^^。天国のお人形さん達は小さいのに驚きます。彫るのにご苦労だったことでしょう。
のろばあさん
2017/06/27 20:46
いつかは運転免許を返納しなければなりませんが、まだあと10年は必要ではないかなと思っています。確かに万が一のことを思えば、タクシー利用の方が合理的で経済的です。ただ慣れ過ぎた車運転の現在の状態から、いつ決心ができるか!ですね。 自分が運転にちょっと自信がなくなってきた時に考えようと思います。
arara
2017/06/28 01:05
のろさんおはようございます。
免許証の返納は本当に勇気がいります。
だっまだ運転できると思っていますからね。
私は車を駐車場から出して道路に出ようとして徐行のつもりでブレーキを踏んだのですが踏み間違いとまでは言えませんがアクセルとブレーキの中間ぐらいを踏んで車が止まらずのろのろと進み幸運にも事故にならずその時点で止めました。
次の日は何tもなく運転で来たのですがその時の記憶が思い出されやっぱり決断しました。
それから病院に行き検査の結果、直ぐに手術となり今はまた乗れると思うのですが辛抱し返納を選択しました。
降りることにより、行動範囲も狭くなりまた出不精にもなります。だって車が乗れればいつでも出かけられますが🚌、🚃に乗ろうと思うと躊躇してしまいます。
今はお乗りになれると言うことですので、くれぐれもご注され安全運転に徹し、少しでも危ないと思う時があれば勇気を出してご決断されることを願います。
本人だけではなく家族の方にも不安と迷惑をかけることになりますからね。
勝手なことを書きましたがどうぞお気をつけてください。
ゆらり人
2017/06/28 08:41
araraさん、おはようございます。
私も死ぬまで運転するつもりでしたが、偶然にも人気のないところで足が思うように動かずアクセルとブレーキの不見分けが少しおかしく思いサイドブレーキで停車しその時点で決断しました。
次の日病院で検査をしたら直ぐに手術が必要だと次の日には入院し即手術し神経が通うようになりました。
のど元過ぎれば熱さ忘れるではないですが運転席に座るとその時の記憶が出てきて、こんな不安を感じるならやめよと決断。
止めたらやめたでこれほど車に依存していたのかと思い知らされ、🚌や🚃で出かけることが億劫で出不精になり運動不足にもなります。
極端に言うとやる気も半減ですね。
おかげで私は家で建築模型や木造t彫刻などの趣味があり退屈はしませんが、やはり目先の変わる新鮮度はには欠けますよね。どうかくれぐれも運転にはご注意されその時が来るまでお楽しみください。
ありがとうございました。
ゆらり人
2017/06/28 08:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
物は考えよう・あの瞬間・予告 ゆらり人の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる