ゆらり人の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょんまげ時代 第6話 殿と町人(ご法度)

<<   作成日時 : 2017/11/25 14:28   >>

ナイス ブログ気持玉 399 / トラックバック 0 / コメント 22

皆様、こんにちわ。
 前回はちょっとお休み頂いて雑談話でしたが、やっと何とか目鼻が立ち第6話を掲載できることになりました。
今回は少し非日常のお話。
触れてはいけないことや、やってはいけないことをテーマにしましたが、時代は変われどこれだけはなくすことができません。
悪いことなんですが、でもどうにも止められない魔物の住み着く世界とでもしておきkましょうか。
 皆様にも起こりうる、ごくごく普通にあり得ることではないでしょうか、でもそれによって傷つく人がいる。
そんなお話の始まりです。
内容によっては嫌悪感を持たれるとは思いますが江戸時代にも普通にあったんです。

 ちょんまげ時代 第6話 殿と町人(ご法度)
 でんさんと助さん素浪人より得た情報で、もう一日城下の人々の生活ぶりを見るkとに。
殿にとって初めての世界に驚きとむ虚しさを覚えるのです。

 「助さん、昨日はかなり飲んだな、」
「でんさんご気分は如何ですか?今日は早めにお城に帰りましょうか、バレない内にね」
「でも助さんここまで来たならもうしばらく研鑽しようではないか、何かあれば私が連れ廻したとと言えばいい。
で、今から博打場に行ってみたいんじゃ。どんなことをしているのか、わしはまだそのようなことは知らんからな、
大吉に言わせると気分転換と言っていたではないか、それで気分が晴れるならわしもやってみたい」
「ま〜いいですけど、それにでんさん屋形船にも乗ってみたいと言っていたし時間が足りませんよ、ほんのすこしだけですよ」
 そんな話をしていると大吉が何やらニヤニヤしながら・・・・。
「大吉さん、おはよう!今日は仕事はどこであるんじゃ?」
「あっ!これはでんさん、昨日はごちそうになりましたね、家に帰ってかかあにしこたま』叱られたぜ、もうべろんべろんだったしな、今日は休みで今から気分転換のちょいと半丁博打をしにな」
「それは都合がいい、わしも今から行くところであったが、場所が分からぬのでどうしたものかと思っていたところ
であったのじゃ、わしをそこに連れて行ってくれんか?」
「でんさんまるで筋書きのあるような話ですね
画像

「でんさん、私は厠に行きたくなったのでここで待っていてください、大吉さんおはようございます」
「助さん、時間がないと言った割には今から厠か?はやくしろよ、大吉さんに連れて行ってもらうからな」
 しばらくそこで、でんさんと大吉は待っていながら話しています」
「でも、でんさん私の行く賭場は掛け金んも少なく小さな賭場でよく十手持ちが来てつかまりますからやめた方がいいですよ、でんさんが行くならもっと安全な賭場がありますよ。
裏で大名屋敷で部屋を借りてそこで大きな賭場が開かれ部屋代を支払って開かれますからね、それにそこは大名屋敷ですから簡単に取り締まりが出来ませんから比較的安全ですよ」
「なに!そんなことをしているのか!不届き千判じゃな、これは問題じゃ」
「でんさん、いつの世も表があれば裏があり町人のつかの間の愉しみにもなっているし、大名といえども家の中は火の車らしいですよですからこれも、裏の収入の一つですよ」
「でんさん、本当に行くのですね、ではこれを首からかけて行きましょう」・・と言って黄色い輪を付けさせられた。
「なんじゃこれは?」
「これは博打に勝つお守りらしいですよ、さ〜付けていきましょう、でも3度だけですよ賭けるのは、次もありますからね」
大吉小声で「これで勝つならだれでも付けるぞ、ばかじゃ〜〜ないのか?この二人」
やがて賭場に着き席に座ります。
「お客さん半丁とばくの始まりだぜ、さ〜半か丁か張った張った!銭がなければどんどん貸すぜ」
画像

画像

でんさん、助さんは半方にかけます。
「半方ないか?半方ないか?さ〜張った!張った・・・・・はい!丁半そろいました!さいころ入ります!・・・・・・・
・・・えいっ!2・5の半!!そちらのお侍さん、おめでとうございます!倍付だぜ!今度はそれを全んぶ賭けませんか?今日はついているよですぜ!」
 そして賭けた倍が戻ってくるはずが少し足りません。
「おい賭けた倍ではないぞ早くくれ!」
「だんな倍は付けていますがそのうちの3分(3〜5%)はあっしらの手数料でさ〜、これがわしらの儲けだからこれだけは渡せね〜な〜!」
 それから数回賭けて遊んでいると・・・・・。「
画像

御用だ!御用だ!賭博はご法度だ!!そのまま動くんじゃ〜ね〜ぞ!一人ひとり聞くからいいな! おい!
動くなと言っただろ!胴元!全て金を出せ!抜くんじゃ〜ね〜ぞ!」
 やがて一人一人事情を聞かれ、でんさん助さんの番です
「そこの侍!どこの城の者じゃ?博打はご法度と知っての上の事なら、城主に連絡し打ち首じゃな覚悟しろ!
ま〜こんな賭場に来るんだから浪人じゃろうの〜、まともに働け!」
「お主!わしを?!!!!!!!」
「でんさん!岡っ引きさん申し訳ないちょいと、酔っ払っておるから許してくれ頼む」
「ばか者!お前たち二人はきつく罰する!表に同心がおるからお縄を頂戴しろ!切腹ものだぜ!さっさと行け!」
 そしてほかの者は連なってお縄を頂戴して連行されたのであります。
画像

 表に出たでんさんと助さんは・・・・・・
「助さん同心が居らんぞ?わしらを捕まえるのではないのか?厠にでも行ったのか?わしらだからこそおるが他の者なら逃げておるぞ、今後きつく叱咤しなければな〜〜〜」
「でんさん、私たちもこれがチャンス!今のうちに逃げましょう!殿の素性がばれなくていいではないですか」
「武士としては卑怯者になるが今回は致し方ない行くか・・・・」
 そして難なくその場を離れ茶店に寄り町人から話も聞き(こちらの話は次回にしますごっとの話をまとめてお知らせするためにね)やがて船着き場に行くのです。
屋形船とかに乗り夜の月見をしたくてね。
 「でんさん日も暮れましたね・・・・。今日はあいにく月がか雲に隠れて乗っても意味がありませんね」
「致し方ないの〜〜今回は船だけでも見ようではないか、それにしても遠くにいる船は明かりも点けずに何をしておる?」
画像

「さ〜なんでしょうね〜〜船の明かりが何かの訳あって点かないのではないでしょうか」
 やがて船に明かりが点き船着き場に着くころ、岡っ引きがまた現れる(この岡っ引きは賭場であった岡っ引きとは違います・・・えいひ節約と作るのがめんどくさいから流用です)です。
「おや?何をなされておる?何か事件でも?」
「いや少し船が着くのを待っており連れていくものが居るのでな、そなたたちは何をされておる?月見も今日は出来んじゃろ?」
画像

 やがて船に明かりが点き障子が開くと二人の姿があるのです。
画像

そして船が船着き場に着くと二人が降りてきてお岡っ引きが話しかけるのです。
「そこのお二人さん、名前は長兵衛と綾乃であるな?間違いないか?」
「はい仰せの通り}
画像

「ではそちらを今から捕らえるぞ、覚悟はいいか!」
「はい、もう分かりましたお縄を頂戴致します、最後のひと時が過ごせました、いずれこうなるとはわかっておった、覚悟は出来ておる」
「では長兵衛、綾乃!二人を不義密通の罪に逮捕する」
二人はおとなしくお縄を頂戴し岡っ引きに連行されたのです。
画像

「でんさんすごいところを見てしまったな・・・・・・あの二人はどのなるのじゃろ〜の〜」
「多分、不義密通は重罪で打ち首獄門、お家断絶でしょうね。もし奉行所にバレていなければ両家で示談にし両者の相方嫁、ご亭主が耐え忍び何事も無かったようにそのままくらすのでしょうね、武士にとって不議密通をされることは大恥であり武士としての沽券にかかわる問題お家断絶などは最早この世に恥をさらし生きてはいけないことと同じですからね、だから秘密裏に示談し、何事もなかったように暮らすのですが辛いでしょうね」
「そうか示談と言う手があるのか、それは金で解決するという事か」
「そうですね今ですと示談金は7両2分(約50万円〜時代により80万円)が相場だそうです、その後女の方は人知れず山で自害する場合もあり発見され事故か病死という事で家のメンツを守ったそうです、男の方の奥方はもはや針のむしろだったでしょうね」
 やがて二人は奉行所にてご沙汰が下されるのです。

「与力様のおな〜〜り〜〜〜!」
画像

「お主らは何事をしでかしたのじゃ、ばか者!聞くと両名とも武家の者ではないか恥を知れ!最早言い訳など出来まい」

岡っ引き[おい!頭が高い!何を面と向かっておる」
「それでは沙汰を下す覚悟せい!」
画像

「両名とも打ち首を申し付ける、これほど大っぴらに町中を歩き、もはや隠す様子も見せず噂が巷に知れ、収めるには出来ぬ状態である。よって打ち首に処する。湯楽里奉行所与力、湯楽里半兵衛」
二人は丁寧にお辞儀しする・・・・・・・・。
画像

そうして頭を下げ続けていると、何を思ったか与力がまた口を開いた。
「さてご沙汰は下したが打ち首の刑はひと月ほど猶予するとする、なぜならお前たちのお内儀並びにご亭主から何とか穏便に済ますべく示談にしたいのでとの申告があった、世間には今回の件、知れ渡ってはしまったが両家とも住処を変え一から出直すとの事、本来ならあり得ぬ話ではあるがきつく懇願されこの度はその猶予期間の間に示談できれば打ち首は免除致す。もしそれが出来ぬ時はひと月後即刻に打ち首に処す。
奥方、ご亭主に感謝するのだぞ!わしがこの世を去るまでこんなことは二度とないであろうの〜!肝に命ぜよ」
「さっさと帰って話し合え!ばか者!おい!縄を解いてやれ!わしは腹が減ってイライラしておる!二度とここへ来るな!」
画像

そしてこの二人は両家の示談により打ち首は免れしばらく暮らしてはいたが風の便りによると、二人はその数ヶ月後居たたまれず男の方は妻を離縁し家の床の間で一人切腹をし命を絶ち、女の方は毎日旦那から攻められ耐えきれず実家の山奥で人知れず首を切り自害したのでした。
皆様!不義密通はダメですよ!気持ちも分かりますが・・・・いけません!!
画像

画像

この二人宿屋へ入っていく場面と屋台で二人して食べていました覚えていらっしゃいますでしょうか。
今回も画像が暗めですが状況によりわざと暗くしています。
屋形船はもう3年前の作品です、提灯、部屋の明かりは100均のクリスマスころに売り出すLEDライトを釣りで使う丸浮きの中に仕込みました。
切腹のシーンは昔公開した侍時代の浅野内匠頭の切腹シーンを流用(バックの背景は違いますが。)
いや〜今回も長々書きました最後までお読みいただきお疲れさまでした。
次回まで10日近くお休みします。
こんなん書いてよかったんやろか〜〜〜・・・・・?!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 399
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
でんさん賭博はあかんでしょう(笑)

不貞は昔は打ち首ですか
示談になっても。。。暮らしていくのは無理なんでしょうね
二人の結末が悲しいです(涙)
とまる
2017/11/26 02:24
とまるさんおはようございます。
でんさんが賭場から逃げられてのは何かの力が働いているのでしょうね。
昔は不倫は重罪で打ち首が決まりなのですが、大方は極秘裏に示談をして体裁を守ったようです。
今の様に個人の意思を優先されることはなくまず初めに家を守ることが最優先でお家が断絶することは死ぬのと同じだったようです。沢連でも好きなものは好きという事だけは古今東西同じなんですね。
少し前に失楽園というお話がありましたがこれなんかこの二人が死を選んだようなことに似ているような・・・。
たとへ示談にして体裁を守ったにしてもお互いが針の筵の中でよく耐えたと思いますね。
こうして死を選ぶのはそう多くはないでしょうから忍の一字かもね。
ありがとうございました。
ゆらり人
2017/11/26 09:33
こんにちは。

屋台船、三年前の作品なんですか。
素晴らしいですね。
灯りがつくと雰囲気でますね〜。
トトパパ
2017/11/26 11:23
屋形船は灯りは点いてなく周りが暗いので人目を忍ぶ逢瀬の雰囲気がよく出て居ますね。灯りがともされるとガラッと明るくなりましたが・・・結末が何とも悲劇的ですが時代と言う事でしょうね。
のろばあさん
2017/11/26 15:06
トトパパさんこんばんわ。
ほとんど棚の中に置いていたのですが丁度今回の話に行けそうなので電池をいら点灯させてみました。
あと3話で終了する予定です。
衣斐またお暇なときにお富頂ければ幸いです。
ありがとうございました。
ゆらり人
2017/11/26 22:03
のろさんこんばんわ。
今なら簡単に離婚出来て家に縛られることも少なくいいでしょうが、このころは家を末代まで引き継ぎ絶やさないことが一番大事であったのでしょうから大変だったと思います。
今は核家族化して家を継ぐことにそんなに深淵になりませんね。半面寂しくも思います。
私が物作りで神社などを作るきっかけになったのがこの屋形船だったのです。
何時もお読みいただきありがとうございます。
次回も是非お願いいたします。
ありがとうございました
ゆらり人
2017/11/26 22:48
さすがに殿様が賭場に入って遊んじゃ拙いでしょう^^;
綱紀粛正、御家大事、不義密通は特に厳しい罪状が待っていましたから、おおっぴらに表でやっちゃったら取り返しがつきません。隠れて、誰にもばれないようにこそこそとせねば。。
ただ、家を繋ぐために外に女をもって子を作ったり、女中に手を出したりは多かったようです。金沢では室生犀星もその口でできた子供だそうです。犀星の場合は、母子共に追われて苦労しています。(基本、男尊女卑で)悲惨な末路と生活をすることになることが多いみたいです。
つとつと
2017/11/26 23:11
一番がお家か個人かは変わっても、賭博、不倫、昔も今も変わらないのですね。
個人の気持ちも大事ですが、どんな行動にも周りへの気遣いや配慮は必要ですよね。そして責任をもって行動すべきですよね。なぁんて私はすべての行動に責任を持てているか疑問ですが・・・
岡っ引きが最初に出てきたときの顔が横向きなのが面白いなと思いました。
船の中の明かりはもちろん小さな提灯一つ一つの明かりが灯っているのにはまたまた感心してしまいました。
で、今回はあの方がお出になってないような・・・
すずりん♪
2017/11/26 23:58
ゆらりさん、おはようございます。

いやー、今回も面白かった\(^o^)/

博打に不義密通。
あの頃の御法度は本当に厳しかったのでしょうねぇ。

いつの時代も表と裏があるのでしょうね(笑)
koji
2017/11/27 08:21
つとつとさんおはようございます。
、本当ですね殿が博打をするはね。
またおおっぴらに不倫をすることもこの時代では死を意味することですから、まず無いでしょうがしかしここでは江戸時代の様と貨幣価値について綴るため少し作文もあります。それと隠れた不倫ではお互いの相方を作ることと地味になってしまうので敢てこんな感じにしました。
そしてお気づきかも知れませんが何処かに毎回出てくる者が最終話でお話しする私なりの遊びがこの物語の目的を表したいとの意向があります。
この時代も子孫繁栄のため今では考えられない方法で維持することがあったのは驚愕です。
今は天皇の引継ぎも男だけではなく女天皇も考える時代ですから少しは封建的な考えからいまの世情に合わせなければいけない時代になったのでしょう。
ある面このj代はえげつない時代とも言えそうですね。
さすがに、つとつとさん歴史にお詳しいと私が勉強させていただけます。俄仕込みの私にまた色々教えてくださいね。
待っています。ありがとうございまいた。
ゆらり人
2017/11/27 09:14
すずりんさん♪おはようございます。
えっ!見つけられませんでしたか。
全場面には出ていませんが肝心な部分は出ていました。
最初は、初めの場面で屋台の陰で今回は直接急に助さんと・・・もう一つは屋形船の船頭の席に陰から見ています。
拡大して見ていただければそこに船頭と入れ替わっております。場面が暗いですから身にくかったかも知れません、次からは眼鏡をかけなくても見れると思いますよ
岡っ引きの首振りは以前作っていたのを今回の表現上私が打ち首にして首が回る様に作り直しました。
お気づき頂き嬉しく思います。
ありがとうございました
ゆらり人
2017/11/27 09:23
kouji
さんおはようございます。
何時もありがとうございます。
ちょんまげ時代もあと2〜3話で終わります。
最後の回で殿と助さん他の人々の関わり合いをお話しますね。毎回進むときに必ず次に問題になる役者をだしています。そして毎回何処かに必ず出てくる者がいますがそれについても最終話でお話します。
是非最後までお読みいただきますようお願いい致します。
ありがとうございます。
ゆらり人
2017/11/27 09:29
いや〜今回も実に素晴らしいです。毎回とても面白く拝見させて頂ております。才能がおありの方が羨ましいです。

2017/11/27 12:10
温さん、こんにちわ!
何時もお読みいただきありがとうございます。
後、2・3話で終わりますが今回の仕掛けを最後にお話しします。
多少、作った話ではありますがほぼ真面目に書いています。
殿も城下の様子を学びそして自分の足元を見ることになると思います。
どうか最後までばかばかしく読んでいただければ結構ですのでよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
ゆらり人
2017/11/27 15:44
見つけました〜
観察力が足りなく
最初に見つけられなくて悔しい〜です。。。

すずりん♪
2017/11/27 17:38
すずりんさん♪こんばんわ。
ふっ!ふっふ!ふっ!やった!あ〜〜〜気持ちいい!
では次回のお話よろしくお願いします。
ゆらり人
2017/11/27 17:41
今晩は!先ずは全文をす〜〜と読み
続いて皆様のコメントを読みながら
ああーーそうだったのか!
と思いながら また本文に戻り
納得しながら読み返し
ゆらり人さんから皆様への返事の解説書も
見ながら行ったり来たりの楽しみ方も
ありますね。
背景画の作成本当にご苦労様です
有難う御座いました。
詩 誠
2017/11/28 19:31
詩誠さん 今晩わ。
こうして詩誠さんとのご縁が出来大変うれしく思います。
今回は少しでもカラクリ(大げさですが)を入れてみたくなり筋書きの繋がりをどうしようかと行き当たりばったりの発想で遊んでいます。
ここまで深く読んでいただき本当にありがとうございます。
この時代のお話を始めるのに多少なりとも参考資料を読みましたが私のレベルではとても理解できないところもあり
ま〜それなりにと言う感じです。
ここでお詫びですが、コメントの返信は何なく書けるのですが、いざ訪問してコメントを残すことに非常に緊張してしまいます。
これを書いては、まずいかなとかこのコメント話と合っているのかと不安になり、コメントも書くのですが頂くだけのコメントが出来ていません。
その分、気持ち玉でコメントをお伝えすることが多いと思いますので何卒ご理解ください。
どうかこれからも引き続きよろしくお願いいたします。
とてもとても楽しみに致しております。
またこちらからもお伺いいたします。
あと2話で終了する予定です。
ありがとうございました。

ゆらり人
2017/11/28 22:04
こんにちは、気持ち玉を何時もありがとうございます。
楽しく何時も見せてもらっています。

ありがとうございます。
夕焼け
2017/11/29 14:37
夕焼けさん、今晩は!
何時もお読み頂きありがとうございます。
コメント下手なので気持ち玉で失礼しています。
喜んで頂き大変嬉しく思います。
またお時間がございましたら是非ともまたお立ち寄りくださいね。ありがとうございました。
ゆらり人
2017/11/29 17:53
ゆらり人さま こんにちは!
>コメントを残すことに非常に緊張して
しまいます<
※そうですか・・・
辞書にコメントとは?
問題・事件などについての意見や
論評、解説、説明、見解を述べること。
・・・とありますがTVに出演でもなく
日常の会話と考えれば如何でしょうか?
二人の関係が成熟してくれば自然に
解決する問題だと思います。
僕の場合はコメントがなくとも
気持ち玉だけ頂ければ充分です。
それも一つだけが最高です。
有難う御座いました。
詩 誠
2017/12/02 11:26
詩誠さんご丁寧に返信いただきありがとうございます。
少し気が楽になりました。これからもお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
ゆらり人
2017/12/02 14:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょんまげ時代 第6話 殿と町人(ご法度) ゆらり人の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる