ゆらり人の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 八百万の神物語(歳重ねの神)

<<   作成日時 : 2018/04/10 16:05   >>

ナイス ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 23

皆様!(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡!!
 やっと元気になりましたよ!
沢山んのお見舞いのお言葉ありがとうございます。
 あの医者野郎の薬を飲んで悔しいけど効いてちょっとづつ元気になりました。
昨日辺りからケンタちゃんのから揚げが食べたく思うようになりましたから、もう大丈夫で〜〜す!
  で、今日はちょっと思いついた有りえへん物語を再構成し新作として始めてみました。
今度は神様をいじってやろうと思うのです。
以前に申しましたが今月が私の生誕月で間もなくです。

この物語は2年前に入院していたころのベットの中で寝れなくてふと、思いついたお話。
 いわば世にも不思議な物語。
その時も、やっぱり4月で誕生日近くだったのです。
 このお話、色々な事を語りますが、読まれる方によっては不適切なこともあると、取られることもあるとは思いますが、そこは、あくまでも物語としてお汲み取り下さい。
 今回は、こんなお話で良さそうだったらシリーズとして作りたいと思っています。

八百万の神物語
歳重ねの神が現れる!
画像

「やっぱ!夜景は綺麗じゃの〜!さ〜今日も頑張って役目を果たさなければ大神様にお目玉食らうからな、
超特急で行くぞ!そ〜〜〜〜〜れ〜〜〜〜!!!!ひゅ〜!ひゅ〜ひゅ〜!」
画像

ガッシャ〜ん!!
「痛〜〜〜!!、ちょっと飛ばし過ぎたかの〜・・わしのこの綺麗な顔が傷ついてしまったの〜」
画像
 
コッ!コッ!コッ!「お〜い!ゆらり殿居るか?お前に届け物じゃ、受け取るが「いい」
「おい起きているのか?ベットにはおらんがトイレか?早く出てこい!次があるからな」
「あ〜〜〜眠たい!こうトイレが近いと中々ゆっくり寝られへやんか、あっ!カーテン閉めてへんがな!」
 カーテンを閉めようと近づくと・・・・・・・・・
画像

「ぎゃ〜〜〜!!!なんじゃ?ビックリした!お前誰やねん?おれ何か夢見てるんか?ひょっとして俺、死んだんか?」
「違う違う、わしは歳重ねの神と言ってな、お前にもうすぐ生まれた日がやってくるじゃろ?だからわしが、お前に一つ歳を足しにやって来たのじゃ、喜べ」
「うっそやろ?!神さんあんた初めて見るで、俺をなんか騙そうと思っているんか?」
「ちゃうがな、お前に気づかないようにそ〜と毎年生まれた日の寝てるときに黙って届けて張り付けて帰ってるんや、知らんのは当たり前やで」
「ほんなら、なんで今年は、起きてるときに来たんや?それにびっくりさせんように、声をかけんでええやろ!
それに、意味は分かったけど俺の誕生日は4月21日やでまだ早いやろ!ええ加減な神さんやな」

「それやねん、もっと後に来る予定やったけどな、今日配るやつの所に行っていたんやけど、あんまり夜景が綺麗で、スピード出し過ぎてお前の窓ガラスに、ぶつけてしまったんやけど、黙って帰るのも悪いし、わしも偶には何時も黙って仕事してるから、話しもしてみたくなったんや,ちょっと部屋に入ってええか〜?」
「しょ〜もな!日にちが違うんやから早よ行たらええやんか、早よ行や、今度近づいたら声掛けしてや、付き合うたるからな、お休み、気を付けてな」
「そんな、冷たい事を言うなよ、それに、お前、トイレが近いから寝られへんと言うてやろ付き合え」
「俺はもうこれ以上歳はいらんから、他の人にあげて」
「本間に、ええんか?貰わん言う事は間もなくお前この世に居なくなるんやで」
「何でやねん?何の関係があるねん?しゃ〜ない家に入れたるわ」
「おおきに」
画像

「歳をこれ以上に取らんという事は死ぬいう事やろ、そこで終りやで、あと何日かな?4月21日まで2週間ほどしか生きられへんな〜、結構お前はええやつと思っていたけどね、ほんならあの世で頑張ってな、そしたら次は来んでええから楽できるわ!」
「ちょっと!待って〜な〜!それは無いやろ!貰うがな・・・・もうこうなったら眠気も冷めたし少し付き合ってやるけど、ええんか?」
画像

「ええよ、もう今日はほとんど終わったから3秒もあれば配り終わるからな」
「早!なんでそんな早く終われるねん?」
「お前、俺は神様やでこの歳重ね棒で、一寸振ったら2万人ぐらい直ぐ配れるがな」
「ところで、神さん歳は幾つやねん?結構、真っ白やからええ歳やろ」
「わしか?わしは587歳や、あと413年頑張らなあかんねん」
「えっ!587歳?あと413年足したら1000歳やんかその後はどないなるんや?」
「1000歳なったら、名前が仙人になるねん、この仙人はほんとは1000年生き抜いた神様の事を言うんやで、そやから仙人(千年の騙し言葉)になったら、すべての事に動じず、ま〜やるとしたら皆の幸せを願って宙を彷徨いながら手助けして暮らすのじゃ」
「で、歳重ねの神様は一体何人で歳を配ってるや?」
「15神やな、干支があるやろ、干支別にこの地の(日本)の人口は1000万平均やから干支別に分けてるねん。
そやけど昔は楽やったで始めた頃は500年前やろ、皆、45〜6年ぐらいで命が尽きたから回る数も少なかったけれど、段々、寿命が延びて、今は一人平均80回ぐらい毎年回らなあかんからしんどいねん。
それに後の2神は、ま〜控え役と貼り付け漏れのチェック役や」
・・・・・・・・・・・
「そ〜やな〜、医療も進んで皆、長生きするからな〜、それやったら死神に言うて、早めに来させたらどないやねん?神さんも少しは楽やろ」
「お前な、神さんの世界には、死神なんか居らへんで、それを作ったんは自分らやで」
「何でやねん!?そんなん、おかしいやろ昔から死神が居る言うてるやろ」

 「それはな、お前らが、努力することと、勤勉やからや。
全てとはいわんけれどな、お前らが考えて楽になる機械や方法を考え、また長生きするように病気を治すために考えて治療方法が出来た結果やからな、
 例えば自動車という便利な機械を発明したから事故が起こり,死んだら死神に見舞われたとか、長生き出来るようになったら、今までやったら、気づかない内に死んでいたから寿命として片づけていただろう?今は病名が付き、それが原因ではあるが、枕元に死神が来たとか言って死神のせいにしてるんとちゃうか?
わしらは決して死神は作って居らん、それにそう言う事で少しでも肩の荷物を下そうとしているのでは無いか?」

「だったら、昔からクマに食われたり、トラに襲われて死んだのはどないなるねん?死神が仕掛けたんとちゃううん?」
「それは避けられない自然発生的に起こる死や、生きる為の死や、狩りと言う仕事のな、死はどうしても生きた以上は避けられんことや、だからこうして出来るだけ、わしらが毎年、歳を張り付けて良い歳が取れるようにしているのじゃ、死が全て悪い事ではない、いつかは迎えなければならい儀式みたいなものじゃ、ただ残されたた者には、しばらくは苦痛を伴わすがな、これも生きている証拠ではないか」
画像

「だったら死神が居らんという事は、神さんはこの人には今回は渡さへんと決めるのは誰やねん?」
「お前はあんまり現実過ぎるのではないか?死に関してはこの宇宙広しと言えど決める者は本当は居ないのじゃ、全てが自然に起こることで、病気にしても事故にしても、始めから決めて起こるものではないから、そこに至るまでの有り様ではないのかな?
 だからわしらは確実にその年を迎えられるように配りながら無事を祈って居るのじゃ。だからそれ以降は、お前らの有り様によって死が訪れるのだろうよ?」
「なんかマヤカシみたいで、それやったら別に配らんでも自然に任せっぱなしで、ええやんか〜」
「違うそれやったら生まれて、赤子のままや、こうして配っているから大きくなるねん、。配って確実に歳を取らないと成長しないし、自然の摂理として死が訪れないと、この世は回って行かへんのんや」
 
「そうかな〜、ま〜ええわ!あんまり付き合う意味が無かったけど、元気で1000歳まで頑張って千年(仙人)になってや、、そしたら近づいたら来てや、一つ貰うからね」
「あのな、相談なんやけど今から渡しといたらあかんかな?折角、来たんやし確実に歳が取れる言うことやし、わしも楽できるし「な〜」
「神さん何を言うてるねん、仕事はキッチリとやで、今度来た時なんか食べもんを上げるから何がええ?」
「わしか?あんたらの食べてるものは食べへんねん、わしらはカスミを食ってるからな、それにあんたらの食べて太ったら雲に乗ったり空を飛ぶことが重たくて出来へんからな、おおきに気を使ってもらって、ほんなら行くわな」
「最後に空を飛ぶときどないしてるんや?」
「見て分らんか?この着物の裾の中に薄い羽が少し見えるやろ、それを一緒に広げて羽ばたくねん、横から見てみ?あるやろ?」
 
画像

 ま〜わしらに無いものは、物を考え、何かを作り生み出すことは出来へんことや。
 
わしらは、今、生きている者たちの無事と幸せを願い見守ることしか出来へん。
それでも一生懸命にこの手で救ってるけど、やっぱり手から漏れてこぼれることがあるから全部を守ることは無理やな、残念やけどな。
だから、今を大切にして一生懸命生きることや・・・もう一度言うで、死神みたいな者は居らんし、わしらも作ってへんから今の有り様を考えて暮らすことや。
 何時かは、、理由は色々あれど、だれでも終わりは来るからな、来年もまた届けに来れるようにしといてや。」

「わかった!気を付けてな、あ〜眠た」

 なんと言うバカバカしさ、呆れて口が塞がりませんでしょ、こんな事を書くのは私位かもね。
やっぱり、いやでも 毎年、歳が取れることは良い事なんじゃないでしょうか?
決して、悪い事でもないし、この年になって初めて味わう楽しさ、嬉しさ、悲しさ、悔しさがありますからね。
 何時まで経っても新しい発見があることが生きてる証拠、皆様も配られたら謹んで受けようではありませんか。
歳重ねの神様の仕事を無くさないように、神様の生きがいにもなっていると思いますから・・・・・。

他の神様も、登場させよっかな〜?
支離滅裂な、お話になりすみません。
 物語を書くときはほとんど中身を考えていませんから、キーボードを打ちながら考えて書いています。
だから、重複してるようなところもありますし、何が言いたいのか分からないでしょううね。
そうしないと」私には作れませんから・・・・・。
 ありがあとうございました。

「お〜い!ゆらり!}
画像

「なんやねん!もう行ったんとちゃうんか?何か忘れもんか?来るときから、タクトみたいな棒しか持ってなかったで」
「あのな、今、思ったんやけど、お前らが言っている死神ってな、ひょっとしたら先に逝った、両親や妻や又は夫、恋人なんかと違うんやろかと、思ってな」
なんで「、そう思うねん、よく言うてるやろ、亡くなる間際にお迎えが来たとか、又は本人だけが見えてるものが、その同行人としてきたものが死神とちやうやろか?死神が気持ち悪いとか怖いとか要らん者との意味ではなく静かに安心して別世界に行く時の不安んを払拭してくれる大切な神かも知れんと思ってな、お前に言うたろと思って戻って来ったんや」
「そんなん、知らんわ!でもおおきに わざわざとな、次いでやから俺の次の年は早いけど折角戻って来てくれたんやし今回は貰っといたるわ、早よ貼ってや」
「ええんか!おおきに!ほな貼るで、ほな今年も頑張って、ばかな事楽しみや、ほんなら今年はこれで御別れや」
「来年も来てくれよ!」・・・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
死神のお話とか、神様の使用人とかいろんな本を読みましたが、歳重ねの神様ですか。こんな発想の神様は初めてです。歳を重ねないということはそこで終わり。本当にそうですね。逆に言えば歳を重ねるということは生きているということ、ありがたい事なんですね。
そう思うと歳を重ねることを明るく受け入れ、年を重ねることを楽しめますね。今をどう生きるか、深いお話だと思います。
歳重ねの神様来年もきてや〜
私は歳重ねの神様大好きになりましたよ。
すずりん♪
2018/04/10 21:37
ゆらりさん お早うございます。今回はなんか・・考えさせられる事が多いですねぇ。人は臨終の前に自分の父親が夢枕に立つ? もしくは実際に現れるというお話をよく聞きますね。実際私の父親も亡くなる前に、「昨日 オジイチャンが来たんや」と言ってました。なんかよー分からんお話ですいません。もう少し良く考えて出直します。(笑)
y&m
2018/04/11 06:54
おはようございます!
ゆらり人さんの死についての
お考えを詠み、改めて考えさせられ
ました。
人間側の視点でなく、神様側の視点を
持つことで見えてくるものも違い
ますね!
終活がなかなか進まないなか、大変
面白く読ませて頂きました。
有難うございました!
ポジティブオーラ
2018/04/11 07:18
おはようございます。
これに書いたように2年前に病室で窓を見ていえて、そんなことも思いました。
生きては死に、又新しい命が誕生する、これが決められたのは神様が決めたことにしておきましょうね。
新しい命とともに新しい発見や新しい技術、新しい恋が生まれまた新しい命が・・・・これで!いいのだ!
なんてね。
暗く捉えるのではなく、こうして歳を重ねることにより次の新しい命へのバトンタッチと思えればいいですね。
今を生き抜く、楽しむという事で気楽にかんがえましょう。
今日は、また新しい神様探しをしています。
ありがとうございます。
すずりん♪さんへ、ゆらり人
2018/04/11 09:18
おはようございます。
変な話を書いていると思われたでしょうね。
ふとそんな7事を思い人形に語らせました。
私の母も死ぬ少し前に「お迎えが来た」と手を合わせてから意識不明になりました。
だから、死神は我々が都合の悪い時は死神のせいにしていた様に思いますから、そうでは無く、お迎えに来るのは身内の仏様と思えば、仏様は仏教ですから神の世界では、その様な発想は、ありませんから死を迎え受け入れて死後の面倒を見てくれる神様と思えば如何でしょうか。
ですから死神と書くとなんか不吉な感じがしますが、死を受け入れ、その後を平穏に暮らせる手助けをしてくれる神様と思えばいい神様ですよ(こじ付けかな)
今を楽しみ、生き抜いてそれこそ、お迎えが来た時に、死神(お迎えに来た人)に手を添えてもらってその後も楽しみましょうか?
あくまでも物語ですから気楽に思ってくださいね。
それぞれの思いで。
ありがとうございました。
y&mさんへ、ゆらり人
2018/04/11 09:35
おはようございます。
変な話を書いているな〜と思われたでしょ。
生きている以上は歳は取っていきますから、歳を取ることが素晴らしいことであり次の世代にバトンタッチさせるために、いつかはその時が来るようになっているのでしょうね。
何時もは、なにも考えて生活していませんし、私の事ですから面白い事にほとんどを費やしていますから・・・
この話もその延長線上にあったのかな?
余り木で何となく人形を彫っていたら神様みたいなのが出来、間もなく誕生日が来ますから、そんな発想になった様に思います。
終活なんかしようと考えず、死んでしまえば残ったものが何とかしますよ、身内が居なければ役所が処分してくれるでしょうし(それなりの普段か準備も必要でしょうがこれに終始しないように)ね。
だから私は、今を一杯に楽しむことにしています。
ありがとうございました。
ポジティブオーラさんへ、ゆらり人
2018/04/11 09:48
こんにちは。

元気になられたんですね。
良かったです。
神様のお話、面白いですね。
トトパパ
2018/04/11 11:24
お身体のご快復おめでとうございます。今年の誕生日を迎えられて、お年も1アップ前進ですね。神様の?思し召しのままにの寿命も大切にですね。

2018/04/11 23:09
おはようございます。

面白い!

「死神は人が作った」
名言かも。
不安、恐怖や怖れが死神という幻想を作るのかもしれませんね。

関西弁の神さま、親しみが持てますね(^o^)

神様が宇宙や人間をお作りになったのか、それとも人が神を創作したのか?
難しい問題ですねぇ。
koji
2018/04/12 07:19
おはようございます。
有りがとうございます、またハチャメチャなブログの再開です。
始めにしては変なお話ですが、これしか思いつかなったのですみません。
この万の神様を少しばかり私ながらに、いじりながら面白く書ければと思っています。
ありがとうございました。
トトパパさんへ ゆらり人
2018/04/12 08:43
おはようございます。
ありがとうございます、お陰様で治った途端に馬鹿話ですみませんね。日本だから生まれた万の神様。
こう考えると日本人は素晴らしい考えの持ち主であることに嬉しく思います。
今生きていることに感謝し、元気にいることの為に普段の暮らしを真っ当なものでいたいと思います。
宗教家でもなく単なる話を書きながらそんなことを思いました。
ありがとうございました。
温さんへ、ゆらり人
2018/04/12 08:50
おはようございます。
話を書き始めて、神様が死神を作っては何が神様なのか分らなくなりましたよ。
神様がいとも簡単に神の考えで殺されてはなりませんから、やはり肉体を持つ我々が作り上げ自虐し他逆することで自ら又は他人に死を齎すのかもと思いが過りました。
 宗教家でも仏教に興味がある訳ではありませんが、暇つぶしに彫っていたら偶然神様に似てきたので、こんな話が思いつきました。
これを少しばかり続けてみようかと思います。
ありがとうございました。
koji さんへ、ゆらり人
2018/04/12 08:59
死神がいるんじゃなくて、自分に繋がる親しい人が迎えに来るって考えるとなんだか、安心します😄  今からそう考えることにします!
今日も楽しい時間を持てました。ありがとうございました😄
わらび
2018/04/12 10:48
フライドチキンが食べたいと思えるほど回復されたようですね
食欲も無かったんですか
私は咳するとお腹空くので食べますから太るような気がします(笑)
元気になられて良かったです

神様のお話。。。いつもながら浮かんでくるのがすごいなぁ〜と感心しました
とまる
2018/04/12 20:28
こんばんは。
すっかりお元気になられて良かったですね。
年重ねの神様ですか。やはり毎年来て貰わなくては困りますからご機嫌を損なわいないようにしなくては・・・^^。年々長寿の人が増えていますから考えてみると忙しいでしょうね。今月はお誕生月なんですね。主人もです。四月生まれの子達は入学時は早生まれの子たちと比べるとずいぶん大きかったそうです。因みに私は早生まれなので随分小さかったと母に聞いたことがあります。
のろばあさん
2018/04/12 21:50
おはようございます。
よく「お迎えが来た」と聞くことがありますが、母親も意識の無くなる前に一言、行っていました。
自ら嫌なものは作らず(たとへば死神と不吉なものを作らないように)楽しく過ごしたいものですね。
今回はこんな風に思が起こり、物語りとして、作ってみました。
それこそ、お迎えなんて何時来るか分かりませんから、今を充分楽しみたいと思いませんか。
ありがとうございました。
わらびさんへ、ゆらり人
2018/04/13 09:19
おはようございます。
はい、お陰様でついに昨日はから揚げと酎ハイを飲みましたよ。
横で奥さんに睨まれながらね。
ま〜偶には、何も気にせず自分が食べたいと思ったものを食べることはこれほどストレス解消と気分が豊らかになる様な気がします(医者が聞いたら怒るでしょうがね)
 余り木で、何となく彫っていたら、意図しないこんなものが出来、これで話を作ってみました。
気持ち悪がられると思いながらも遊び心が湧きだしました。
ありがとうございました。
とまるさんへ、ゆらり人
2018/04/13 09:28
おはようございます。
偶然に出来た人形があまりにも神様みたいな格好になったので、私の遊び心がこの物語を作らせました。
老若男女を問わず毎年こうして歳が重ねられてこそ自分史が作られ毎日の様に起こる喜怒哀楽が心を豊かにするのかも知れませんね。
ありがとうございました。
のろばあさんへ、ゆらり人
2018/04/13 09:32
ゆらり人さん
凄いですねぇ!!!
即興で創作とは!!??
気持ち玉〇?分の1しか貼れません
さすがに売れっ子ですねぇ〜

え?風邪だったんですか??
風邪の方が逃げていくと
思ってましたが?失礼〜笑
抗生物質はよく効きますよね
実は私は気管支拡張症で
今度再発したらもうアウトだと
自分で思ってますので風邪には
特に注意して、早めに病院へ行き
抗生物質を処方してもらいます

後先になりましたが、今日も
面白かったですねぇ〜〜
色んな神様の創作話しが
出来そうですね!!
楽しみにしてます〜
そんじゃそこらの本より
面白いですぅ〜〜笑笑
ゆらり人さんは笑いの神様ですね〜!
miki
2018/04/14 19:21
こんにちわ!
何時もありがとうございます。
本当にこんな事を書いてもいいのかと思いながらも、遊び心が自制心を上回りましたよ。
いずれどこかで終りが来るのですから、今ある時間を有意義などとは言わず楽しみましょうね。
 大変な病気をお持ちでご心配ですね。
私もある難病を抱えていますが特に気にせず好きな事、楽しいことを考えて実行しています。
何とかなるさ!みたいな・・・・・。
お互いに無理をせず気持ちだけでも優雅な気分で行きましょう。
またmikiさんに笑ってもらえるような、ハチャメチャなお話をしますので、また読んでくださいね。
ありがとうございました。
mikiさんへ、ゆらり人
2018/04/15 17:48
面白いお話・・私の母は、亡くなる2日前そろそろ行こうかなァ〜と看護婦さんに言ったようです。
亡くなってから、看護婦さんに聞きましたが、死期を悟ることができるのですかね。

私は神様とお会いしたことは無いのでずか、ゆらり人さんのお話を見て、私も寝ている時に年齢を重ねるワッペンでも貼られているのかもしれませんね。

神様もふさふさの毛でいいですね。
私の様に剥げている神様はいないのかなぁ〜
夕焼け
2018/04/17 17:22
すみませんでした。
コメントの見過ごしておりました。
これからも、楽しむことを優先し、過ごすていきたいとおもいます。
歳重ねの札は自分から取りに行きますからね、
待っておられません。
有り難うごさいました。
夕焼けさんへ、ゆらり人
2018/04/20 11:56
すっかりご無沙汰してしまいました。
21日で歳を一つ数えるということはもう迎えちゃったんですねえ。お誕生日おめでとうございます。暖かい春に誕生日とは羨ましい^^僕なんか真冬ですからねえ^^;実際生まれた時は吹雪の日だったらしいです。
歳を重ねるということは生きているということ、なるほどその通りですね。なるべく立ち止まらないようにします。後は好きなものが食べられるようにご自愛ください。
つとつと
2018/05/20 09:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
八百万の神物語(歳重ねの神) ゆらり人の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる