ゆらり人の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ふ〜っ!ネタがない!日常の雑風景

<<   作成日時 : 2018/03/02 11:23   >>

ナイス ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 42

皆様!こんにちわ。
 オリンピックも終わりましたね。
でも今度はパラリンピックが始まりますが、どうか皆様が今まで以上に応援してあげてくださいね。
健常者のオリンピックだけが大きく報道されたり見る方も、もう終わてしまっていると感じてしまいますが、
彼らの努力は並大抵でない努力でここまで出来るようになり参加されているのですから しっかり7応援してあげようと思います。
 そう思うのも自分がそのような環境にあった時に初めて知る苦労が身に染みるという事でかも知れません。
頑張れ!日本!頑張れ!世界の選手たち!

 さ〜てと?何を書こうかな〜・・・・・・・・?
今は経蔵に熱中して一つ一つ、細かな作業をしていますが熱中はしているも根気が続きません。
これも加齢の為か、はたまた単なる飽きが来たのかは分かりませんが今日も作っています。
奥さんから時々覗かれて「よ^やるな〜こんな細かな事、私やったら途中で諦めて止めてるわ、ま〜おきばりやす」
と言って今日も韓国ドラマ三昧の日々。
でも今月からパートをするそうですが、介護関係のお仕事でお掃除や食事支度らしいけど、ここに介護者?が居てるし家の掃除もあるのにね。
 家でやってよ! 
 でも昨日はきんぴらごぼうを作ってあげてご協力、ま〜ま〜喜んでいてはりました。
写真を撮り忘れたので前の画像を利用。 align="center">画像 
そだね〜!

 きっと今年の流行語大賞に選ばれることは間違いなしでしょうね。
ところで「そだね〜」の意味を考えてみるに、これって同意はしているのだが、確定なのか同調なのかどちらでも取れる返事の種類だと思うのです。
そこに必要となるのがそれを言う時の感情の込め方により、その意味合いが大きく変わる様な気がする。
 でもこの「そだね〜」は「そ〜だね」と似ているが「そだね〜」の方が同調度が高くその意思を感じるように思うのです。
これが「そ〜だね」なると何処かまだ引っかかってるみたいな感じがしませんか。
「そだね」は北海道の方言とありますが場所によっては使っていないと言う、本意はどこにあるんだろう。
 我が家もご多分に漏れず二人でよく使いますが年を取ると聞き違いも多くもめることもあるんですよ。
では一席お伺いします。
 「お父さんお風呂入るんやったら沸かすけど」
「そだね〜」
「どっちなん?」
「そだね〜入るわ」
しばらくして・・・・・「沸いたよ、早よ入りよ」
「そだね〜、今、難しいとこやってるから、チョットしたら入るわ」
 また時間が過ぎる・・・・・。
「早く入り〜な〜、ガス代がもったいないやろ・・・「そだね〜」と言って入る。
入ると周りが寒いのかぬるく感じて湯温を上げるとお風呂が言いはる。
「お風呂温度を変更しました」と
それを聞いて何となく言い返した「あなたの財布の中身は変更しません・・・・」と。
次に出てきた言葉が〜「ふ〜〜〜っう・・・」とため息・。
 風呂から上がりしばらくして・・・・・。
「ご飯食べる?」
「そだね〜」
「お酒は飲むん?何?」
「そ〜だね、焼酎にするわ」
 一応、テーブルにそれなりに料理が置かれ食べている時 焼酎をコップに入れ飲んでいたが忘れていたのがあり、台所にいるお内儀に「炭酸そ〜だね」と。
 それを聞いていたお内儀がクレームを付けてくる。
「何が簡単そうだねやねん!結構手間かかってるわ!」と
「ちゃうがな、炭酸ソーダ欲しい言うたんや、お前も少し耳が遠くなったんちゃうか」と。
そこでお内儀が
「毎日、毎日下らん事を聞かせれて耳にタコが出来て塞がれて聞こえへんねん、医者代を頂戴」と。
私、そこで「そだね〜有ればね」と・・・・・。
 お後がよろしい様で。

 さてと2個目のネタも無いので、今日は経蔵の途中経過のご報告も今日で終わり次回は完成後にお見せします。
今日は入れると全体が見ることが出来ないものを入れ接着するのでね。
少し遊び心と多少の願いを込めて納めました。
 
 三仏寄れば文殊の知恵?
 
経蔵の二階部分の木組みが出来屋根に取り掛かっていますが、以前に心柱の話をしましたがその柱が二階にを突き抜け天辺まで立っているのですが、その二階の部分を書庫とせず3体の仏像を納めてみました。
これは本当はあり得ないのしょうが、敢て納めてみました。
 これは彫刻を始めて奥さんにキーホルダーとして作っていて、ついでに余分に数体作っていた時、同じでは面白くないので感情を持たせて作った三仏です。(高さは3.5cmほど)
彫り始めなので木も彫りやすいものを使う為、経過とともに目が粗く多少汚くなっていますが気持ちだけは込めたつもりです。
これが三仏が納められる2階部分。
画像

 
この三仏を心柱を中心に納め外からはドアを開けると少しか見えませんが、いらっしゃることだけは分かるようにしています。(ここでは杖を持っていますはこれを鍬に替えて)
画像

 
先ずは手を合わせているお地蔵様
これは無病息災を願い祈っているお地蔵様

両手を前に向けているお地蔵様
 これは民の怒りや悩みを激白してくる者に心を落ち着かせ一人一人の話を聞いて、時には戒め、時には同調し時には慰め元気づけると言う7お地蔵様。

鍬を持つお地蔵様
 これは自ら鍬を持ち、荒れ果てた土地を開墾し畑や水路を作り、民を飢えから解放 、その方法を教え自給自足できるようにするのです。
画像

画像


本当は経本が入っているかまたは梵鐘が入っているかでしょうが、そこは作るほうの勝手でいじってみました。
今度、ご報告出来るのは完成後であと何日かかるかな〜?
今作っている作業台・・・汚いでしょ。
画像

それでは次回完成までしばらくね。

気分を変えて、しだれ梅
画像


画像

気持ち玉、コメント本当にありがとうございます。
 次回は一週間後を目標に更新したとは思っています。
宜しくお願いします。




木彫仏像 懐中仏/香合仏 地蔵菩薩 柘植
工場直販の仏像専門店 栗田貿易

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 木彫仏像 懐中仏/香合仏 地蔵菩薩 柘植 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(42件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

そだね〜!はCDになる動きがあるようですね。
なんでも商売にしますね〜。
まあ、いい風に流行ればいいですけどね。
きんぴらですか〜。
写真を見ればすごく美味しそうなんですが、私、ごぼう食べれないんですよね。。。
どんなに味を消しても、ほんの少しでも入ってるとすぐにわかります。。。
トトパパ
2018/03/02 14:55
そだね〜
オリンピックのテレビ観戦楽しかったですね。
パラリンピックも応援して盛り上げたいですね。

そだね〜
こんなに深く「そ〜だね」と「そだね〜」の違いを考えなかったです。
「そ〜だねぇ」となるともっと思案中になりますね。
そう言えばこれ夫の得意技かも。
「そ〜だねぇ」と言うので「でどっちなの」と聞くと「考え中」と返ってきます。
我が家もよく聞き違いがありますよ。
ゆらり人さんのお家のように漫才になると楽しくてとげとげしなくて済みますね。

二階の屋根もずいぶんできているようにお見受けしますが、まだ作業がたくさんあるのですね。
それぞれに役割のあるお地蔵さま、3.5pだなんて信じられません。きっかけは奥様へのキーホルダーだとは余計ありがたいですね。
戸を開けた時お地蔵さまがちらっと拝見できる出来上がりを楽しみにしています。
すずりん♪
2018/03/02 21:50
ゆらり人さんって関西人とちゃいましたか?
そだね〜は、「そやねぇ」になるはず(笑)

前記事は遅く来たので気持玉は押せませんでした
パキラは以前に枯らしました(汗)
何でも枯らしてきました(サボテンでさえ)

現在、梅とさくらんぼとレモンと金木犀の木は無事です
小さなサボテンも何とか無事です
ブロッコリーも成長中です
食べ物の方が相性良いんでしょうかね(笑)
とまる
2018/03/03 02:30
おはようございます。
そうなんですね、ゴボウは子供頃からですか?。
私はヌルヌル系が好きになれません、山芋のとろろ、納豆、それと白和え、ヨーグルトこれは昔、牛乳の分離しかけたのを飲んで以来それを想像してしまいます。
一つや二つぐらいは有った方が話のネタになりますし自分らしくていいような気がしますね。
無理をして食べなくても何の影響もありませんが混ぜ込まれているのは困りますね。
ありがとうございました。
トトパパさんへ ゆらり人
2018/03/03 08:50
おはようございます。

ボクは北海道出身で、彼女たちの言葉は違和感なく聞こえてました。
そこから考えると「そだね〜」はただ発音がなまってるだけで、方言というほどのものではないのではないか?
本州の人はなぜそんなことで盛り上がっているのか、道民には理解できないのかもしれません(笑)
そんなことを思いました(^o^)
koji
2018/03/03 08:50
おはようございます。
今、我が家では頻繁に使われています、何せ初もの食いですからね。
この、そうだね〜とか、そやな〜(関西弁)は本当に都合のいい言葉で意味が色々で日本ならではの言葉の様に思います。
ご主人も同じなんですね、間を作るには非常にいい言葉で重宝されているのだと思います。
その時は、すずりん♪さんが忖度をされ良きに計らってくださいね。
きっと同じ思いだと思いますよ。
お地蔵さんも引き出しで治まったままでいましたからどうせならと使ってあげましたよ。
ありがとうございました。

すずりん♪さんへ、ゆらり人
2018/03/03 09:01
おはようございます。
そうなんです、大阪では「そうやな〜」を使いますが今は「そだね」が占めているようです。
関西人は結構に飽きっぽいですし、言葉がきつく取られることが多いですから「そうやな〜」はこちらでは出来たのかも知れませんね。
友達や身内では完ぺきな関西弁が出てきますが、最近は会話も標準語と関西弁が混じり賑やかなことです。
ただし白熱してくると完ぺきな関西弁で声は大きいし喧嘩しているみたいに聞こえることもありますが、そこには必ず洒落と笑いと突っ込みが入り、皆で扱けます。
吉本喜劇さながらです。
植物の育成は難しいいですね、私はこのパキラ位が長生きしていますが後は野菜ではネギぐらいしか出来ません。
何度、挑戦してもイチゴだけは苗を植えても1週間くらいでだめになります。
とまるさんの様に多くの物を育ててみたいですね。
ただ我が家は集合住宅なのでベラんだ栽培なので根深の物は無理みたいです。
本当は大根を育ててみたいし・・・・・・。
時々,土も入れ代えねばなりませんが捨てるところが無いので苦労しています。
何かいい情報があれば教えてくださいね。
ありがとうございました。
とまるさんへ、ゆらり人
2018/03/03 09:25
おはようございます。
kojiさんが北海道出身なのはブログを拝見して知りましたが雪は大変でしょうが、降らないところに住んでいると羨ましく思うこともあります。
「そだね」も標準語の部類だと思いますから、初めて聞いた言葉ではないのでそんなに珍しくありませんが、カーリング中継を見ていて、あの真剣な表情と笑顔、その合間に語られる「そだね」だから感動があったように思います。全試合を観戦しましたが、あそこでこの言葉が使われていなかったら、特になんて事は無かったと思います。
純に感動し私は涙しましたよ。北海道ならではの「そだね〜」のイントネーションが素敵ではないですか。
私達も日頃から聞きなれている関西弁では感動しなかったかもと思います。
大切になさって下さいね。
有りがあとうございました。
koji さんへ、ゆらり人
2018/03/03 09:42
いよいよ完成が近いですね。

今回の夫婦の会話を覗き見て、あぁ、いずこも同じ会話をしてるんだなぁとむしろ感心してしまいました。

うちのは、気が強いので、もっといい方がきついですけどね。(笑)
ごろー。
2018/03/03 17:31
流行語「そだね〜」、
使わないコトバではありませんが、
そんなに流行ってるなんて、はじめて知りました!
きっと特別な意味がこもっているのでしょうね。
それにしても、
世間離れがはなはだしい・・・(大汗)。

オリンピック、
ちらっとは見たことがありますが、
じっくり見たことはなくて・・・。

もうすこし世間に目を向けていかなければいけませんね(反省!)
ゆらり人さんのお話にもついていけるように。

経蔵作り、そろそろ仕上げに向かっているとのこと。
作業台の乱雑さには、かえってご苦労がしのばれて敬服してしまいます。
ひらひらと
2018/03/03 18:34
こんばんは。
そだね〜の話、楽しく読ませていただきました。
炭酸そーだねのオチが良かったです。
三体のお地蔵様、可愛くて思わず手を合わせそうになりそだね〜(笑)
ぽぽ
2018/03/03 20:36
こんばんは。
三体それぞれお顔の輪郭も表情も違って凝った作りですね。動作にも意味が込められているのが説明していただき理解出来ました。後少しで完成の様で・・・全容が楽しみです^^。
『そだね〜』は流行語大賞に選ばれそうですね。
きんぴらごぼうは香りまで漂ってきそうでみるからに美味しそうです。
のろばあさん
2018/03/03 20:55
こんばんは。
パラリンピック、応援して盛り上げたいですね
そだね〜最近私も使わせて、頂いております。
さっちゃんみたいに可愛くないけれど
三仏様、お顔が素晴らしく思わぜPCに向かって
手を合わせました。完成楽しみにしています。
ゴンマック
2018/03/03 21:45
経蔵の製作も、もう終盤ですね。三仏(お地蔵様)も完成し納める場所も決まって、歓声が待たれます。
いや〜素晴らしい。

2018/03/03 22:27
おはようございます。
何処も同じですかね。
結構、女性の方がはっきりとキツイ事を言いますね。
案外、男の方がナイーブなのかな?
ありがとうございました。
ゴロー。さんへ ゆらり人
2018/03/04 09:15
おはようございます。
オリンピックの競技は私もあまり見ませんが、このカーリングだけは、何時ぞやからか興味を持って見るようになりました。
ゲームの中では単純で分かりやすく、ボーリングとダーツを「組み合わせたみたいなゲームに思えませんか。
本当は早くプロ野球が始まれば、他の物は目に入りません。
ひらひらとの詩、今回はまたしっとりとした心の動きが読めて素敵でしたね。
コメントも残さない内に頂き恐縮しています。
また御伺いしますね。
ありがとうございました。
ひらひらとさんへ、ゆらり人
2018/03/04 09:23
大阪は「そうやね」とかを使いますが、いい言葉ですね。
特に女性が使うと可愛く感じます。
普段はあまり気に止めない言葉ですがカーリングでの真剣でそしてふとした中に笑顔が垣間見えた時の「そだね」はぐっときましたよ。
この言葉だって言い方によってはきつくも聞こえますが日本にはこの中途半端な感情の表現が外国ではない素敵なものだと思います。
お地蔵さんはまだ他にも作っていましたが今はお蔵入りいで、何時かまた紹介しますね。
いつもお読みいただきありがとうございます。
ぼぼさんへ、ゆらり人
2018/03/04 09:31
いはようございます。
いつもお読みいただきありがとうございます。
お地蔵さんも他に耳を当てたり、こぶしを握っているとか
大笑いしているお地蔵さんなど作ていますが、今回はこれを入れてみました。
何れは壊れてしまった時、誰かがその中を見てご利益は有りませんが手を合わせてみたくなってくれれば良いな〜と思っています。
きんぴらごぼうだけは、私の方がいいと言ってさせられます。
うどんを食べるとき具が何も見当たらない場合はこれを入れて食べると辛みとコクが出て意外といけますよ。
ありがとうございました。
のろばあさんへゆらり人
2018/03/04 09:38
おはようございます。
「そだね」は普段からよく聞く言葉ですが、今回のカーリングで使われて初めていいな〜と思いました。
もう後が無く真剣な表情の中にふと交わされる「そだね〜」と笑みにウルウルしてきました。
男子もこんな感じがあればもう少し勝てていたかも知れませね・・・・独り善がりの感想です。
ゴンマックさんが「そだね」を使われているのですね。
山口弁ではどういうのでしょうか?
広島弁では「ほ〜じゃね」?「そ〜じゃね」?になるのかな?
何れにせよこんな普通の言葉が感動を与えてくれたのは、やっぱり彼女たちのようです。
ありがとうございました。
ゴンマックさんへ、ゆらり人
2018/03/04 09:47
おはようございます。
あと一か月もあれば出来ると思いますが今夏には作りごたえがありました。
今までのはどれも延長線上にありましたからあとは根気だけで行けましたがね。
これで大分新しい方法を見つけましたので少し休んで鐘楼堂を作ってみたいと思います。
この六角経蔵もいづれは壊れるか捨てられるかするのでしょうが偶然にもその中身を見た方が驚いてくれれば楽しいな〜と思っています。
ありがとうございました。
完成したらいち早くテレパシーを送りますね。
無理やりに。
温さんへ、ゆらり人
2018/03/04 09:54
ゆらりさん 今回も面白いお話有難うございます。(^^♪ 我々関西人には"そだね〜"の「間」の使い方が難しいですねぇ。「ほんまやなぁ」とか「そやねぇ」とか「ホンマホンマ」などの「間」も関西以外だとなかなか難しいでしょうね。女性は会話の中でこの「間」をとても上手につかいますねぇ。我々♂には真似の出来ない特技なようです。正直なところこの「間」で攪乱や誤解させられる事が多々有りますね(笑)。枝垂れ梅見事ですね。これってリサイクルセンターですか?。
y&m
2018/03/04 11:24
す、凄い〜凄いです。
手の表情にもいろいろ思いがあるのですね。
私は真言宗ですが、自分の家の宗教を知ったのは40代でした。
『南無阿弥陀仏』で全て終るものと思っていましたが、家のお坊さんに聞いたら、何も恥ずかしいことは無いですよ〜覚えられ言葉を身につけてください。
それからですか『南無大師遍照金剛』『不動明王』『阿弥陀如来』を覚えました。

そういえば阿弥陀如来様の手の表情が沢山あることに気づきました。
そういう意味があるのですね・・
ありがとうございました。

又、一つこの年で気がつきました。
夕焼け
2018/03/04 13:20
キンピラ、おいしそうです☆彡
トッピングは白ごまですか?
我が家のキンピラはゴボウ、レンコン、人参、入れます。 仕上げは辛子明太子を入れるんです。おいしかですよ!そして色付けにムキ枝豆を散らして〜
一回作ると食卓に三回は上がります。
持ちがいいので一日置き?とか・・・
『そだね〜』に悩殺されました。
nobara
2018/03/04 16:51
(✿❛◡❛) ノこんにちは〜❤

今日は 今迄にないほど急に
気温が高くて・・・春もそこまで
来ました✿(◡‿◡*)❤ねぇ

σ(・・*)私の様な拙い歌を
お聞き下さり〜〜♪ 気持ち玉を
沢山 届けて頂き♪感✿・⋄・✿謝♪です。
ありがとうございました♪.+゚♬✿

昨日 美容院にカットに行き
たまたま 週刊誌で「そだね〜!」の
記事の所を読みましたよ(笑´∀`)
なかなか 柔らかい言葉ではあるけど
ファジーにも聞こえますd(゚∀゚*)ネッ

”きんぴらごぼう”私もよく作りますが
 ☝ の nobaraさん同様、必ずの様に
蓮根を入れると美味しいのですが
仕上げに明太子❕❕ とは これいかに?
おいしか〜〜!って事は 明太子の
本場の方かな? nobaraさんは!?
実は 私も 福岡ですので・・・
('-'*)よろしくお願いします♪
♪のこ♪
2018/03/04 18:42
きんぴらごぼうの美味しい匂いまでしてきそうです。ああ〜いいなあ〜ヨーロッパには牛蒡がないのです。ですから日本に帰ったら必死で食べますよ〜。
いよいよ中に入れるお地蔵様まで(一体づつ違うのがまたすごい!)準備して、何よりもその緻密さに驚くばかりです。出来上がりが見ているだけでも楽しみになってきました。
arara
2018/03/04 23:58
経蔵の完成楽しみですね、随分細かい作業で、奥様の呆れる顔が見えてきますが、まあ、完成させて、驚かせてくださいな、
そう、「そうだね・・」流行語大賞になるかもしれませんがあれって、彼女達が可愛く言うからヒットするのですね、テレビで何かとお笑いの人たちが言っているのを聞いても可愛くないですものね(笑い)
fujisan
2018/03/05 10:54
こんにちは〜♪
経蔵大分出来上がりましたね。
完成が楽しみです。
きんぴらごぼうとても美味しそうです。
(そうだね)は可愛らしい言葉ですが
どうも私にはあいまいな言葉のように
聞こえてきますが・・・間違いなく
流行語大賞になりそうな気配がします
ミモザ
2018/03/05 12:23
こんにちわ、いつもお読みいただきありがとうございます。
 確かにこの言葉は便利ですよね。どちらでも取れるし抑揚を変えると意味が全く違ってきますね。
やはりこれだけ注目されたのは彼女たちが、喋って注目を浴びたような気がします。
「結婚して下さい」と言って「そだね」と言われたら勝手にOKと取りたくなるのが男。
 これって女性からすれば{無理!!」みたいな返事なのかな〜・・・・・・・いやだいやだ!
そうですこれはリサイクル公園のしだれ梅です。
本当に見事としか言いようのない美しさに毎年感動しています。
ありがとうございました。
y&mさんへ、ゆらり人
2018/03/05 13:27
こんにちわ。
小さなお地蔵さんは木彫りを始めた頃のもので、きれいではありませんが数体の表情を持たせた中のお地蔵さんです。
何れは壊れるか捨てられる運命でしょうが誰かがこの壊れた経蔵の中からお地蔵さんが見えたらどんな顔をするか見てみたいです。
我が家は浄土真宗で妻の実家は真言宗ですが仏壇には一緒に入れていますが、何の災いもありませんし、お墓にしても今は宗派に関係なく納骨しますから、やはり気持ちの問題だと私は思っています。
昔の様に何代も続く家であれば別ですがそれでも継ぎ手が居らず墓じまいすることも多いいですからね。
私は、今自分が楽しく皆と暮らせることだけを考えて他の事はあまり考えていません。
なんとも気楽な性格ですよね。
何時もありがとうございます。
夕焼けさんへ、ゆらり人
2018/03/05 13:37
こんにちわ。
きんぴらごぼうだけは、家の奥さんは作らせます。母親からの味でお傍のトッピングにも使います。
ゴマは思いっきり沢山入れています。
なるほど明太子ねそれは美味しいでしょうね、いちど真似てみますよ。
 いつもお読みいただきありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します。
nobaraさんへ、ゆらり人
2018/03/05 13:57
しばらくご無沙汰していました。
2度にわたりパソコンがストライキを起こしすべてのデーターが消え、お気に入りも消え思い出しながらの再記録でした。
お歌にとても気持ちが入って素敵ですよ。私はあまりカラオケは歌うのが苦手で行けば拍手とよいしょで盛りてて係を担当しています。
素敵なご趣味をこれからも応援しています。
へ〜っnobaraさんと同じお住まいなのですね、明太子は本当に大好きですがきんぴらに入れるのは初めて今回知りました。
これだときれいな明太子でなくてもつぶれ明太子の安い物でも大丈夫でしょうかね。
こちらは結構高価な値段をしていますから普段使いはしませんが、お酒のお供に偶に頂きます。
のこさん、またこれからちょくちょくお邪魔しますので宜しくお願い致します。
再会に、万歳!!
ありがとうございました。
♪のこさんへ、ゆらり人
2018/03/05 14:10
きゃはっ〜〜〜!嬉しい!!
 こんなのでよければヨーロッパまでお届けに上がりたいですが、何せ年金暮らしなのなもので、お帰りをお待ちしています。
 何時もブログを興味深く読ませてもらっています。
そちらでも日本食も多く見かけるようになられたでしょうが、日本食紛いの物も多いいのではないですか。
いらっしゃる間に本当の日本食を広めてくださいね。
お願いします。
お地蔵さんも色んな表情の物を作りましたが敢てこの3体を納めました。
私が没後には多分ゴミとして処分されるのでしょうがそれはそれでいいと思っています。
只、これが捨てられ壊れた中からこのお地蔵さんが出てきて見た人がどんな顔をするのか見てみたいです。
 遠くより素敵なコメントを頂きとても嬉しく思っております。
 どうぞお体にご留意され、お元気でお過ごし下さいね、またブログからお元気なご様子を感じながら楽しく読ませていただきます。
ありがとうございました。
araraさんへ、ゆらり人
2018/03/05 14:23
こんにちわ。
確かにこの言葉はどちらでも取れる曖昧な言葉であるのは違いなさそうですね。
日本独特の表現方法かも知れませんね。
この言葉を言う時に抑揚が変わればある程度は、その意思が見えるかも知れませんが大切にしたい言葉とも思っています。
きんぴらは母親が作っていたのを見よう見まねで作っていますが、これだけは家の奥さんは作れと指示が飛びますが満更でもありません。
経蔵も後少し今日は手すりの部分を作っていますが何日掛かることやら・・・・・。
出来ましたらまたテレパシーを送りますのでその節は宜しくお願いします。いつもお読みいただきありがとうございます。
ミモザさんへ、ゆらり人
2018/03/05 14:37
オリンピック感動しましたね!
『そうだね〜』とやたらと耳にするようになりましたね(笑
キンピラ美味しそう!
燃えるような枝垂れ梅、
確実に春は来ていますね〜
ロコ
2018/03/05 16:05
こんばんわ!
何時もありがとうございます。
今回初めて六角形の物を作ったので角度、傾斜の設定が難しくかなり考えました。
何分にも図面が無いのでネットからの写真を見て想像し
写真の画像を計り作る大きさの倍率で換算して作ります。
段々老後眼が進みメモリを読むのに苦労するようになりましたよ。
「そだね」「そ〜だね」も普段よく使う言葉(関西は「そやな〜」とか「そやね〜」とかを使いますが同じような使い方です。
この言葉も彼女らが真剣な顔の中にふと見せる笑顔で「そだね」と言う時、なぜか熱いものを感じました。
男が言うと何故か偉そうに感じますよね。
経蔵も出来ましたら見て頂けるようで、頑張って作る意欲を頂きました。
後しばらくですが、その時は宜しくお願いします。いつもお読みいただきありがとうございます。
またお邪魔して素敵なお写真で癒させていただきます。
ありがとうございました。
fujisanへ、ゆらり人
2018/03/05 21:11
ロコさん、こんばんわ。
改めて聞く「そだね」はあの場面があればこその感動でしたね。
 何気なく使っている言葉ですが、優柔不断でもあり気づつけないように気遣う言葉でもあり、同意する言葉でもあり、日本人で良かったと思いました。
人それぞれ受け方は違えど大切にしたい言葉と思いました。
 きんぴらは母親が作っていたのを真似ている内に結構、美味しく出来るようになり、きんぴら作りは唯一私の出番です。
福岡の方では明太子を入れることもコメントで教えて頂き一度作ってみようかと思っています。
 いつもお読みいただきありがとうございます。
これからも宜しくお願い申し上げます。
ロコさんへ、ゆらり人
2018/03/05 21:20
ゆりらさん お早うございます。経蔵と支柱の写真を見て思ったのですが、古い木造の建築物の屋根裏や梁に大工の棟梁が自分の名前と年号を書いた札を打ち付けていることがありますね。八坂さんの山門や経蔵のなかにも
「ゆらり」さんのお名前と年号が入っているんでしょうか?。つまらん疑問ですいません。(^^♪
y&m
2018/03/06 09:04
日本語というか方言というか、その時の言いかたで同じ言葉でもずいぶん意味が違ってきますよね。又、メールにすると同じ文字でも相手のとらえ方でこれまた変わるので絵文字を加えたりで誤解されないようにしたりして・・・なんて感じてしまいました。 それにしても相変わらず楽しいご夫婦ですね。 我が家も似たような会話が多いですけど(やっぱり大阪の夫婦?)
仏像の手にはこういう意味があったんですね。勉強になりました。中に入ってしまうとみられないのは残念ですが。 ゆらりさんのおっしゃっていたように、リサイクルセンターの梅と水仙を見に先週の月曜日行ってきましたよ。おかげさまで今年は水仙もしっかり拝めました。


アモママ
2018/03/06 14:47
こんにちわ。
ご興味を持って頂きありがあとうございます。
私も毎日が日曜日になってから始めた社寺作りでしたが作ることにより初めて色々な意味があり本の一つも開いて見る機会が出来、新たな興味も湧きました。
古寺や神社の造りなどもも調べてみると宮大工のその技とプライドがこのような複雑な造りや木組みにより耐久性が得られているのでしょうか。
さて、ご質問ですがあくまでも趣味の域をでず名前を書いて残すほどの緻密さではありませんから恥ずかしくて書いていません。
しかしチョットした遊びでたとへば瓦や天辺の部分に鬼瓦のなどを木彫りで二重丸のマークを代わりに張り付けたり又は何処かにそのマークを貼っています。
祈念に完成した印として完成日と名前は土台の部分にメモ代わりにかいています。
また神社はどれも扉を付け開くようにしていますから場合によっては今回の様にお地蔵さんや神様を忍ばせてみたり本殿の中が見えるように作っています。
これが唯一私だけの模型にはない私のこだわりです。
伊勢神宮の神明作りのお社にはアマテラス大神さんのミニチュアを作り入れています、。
今作って貯まった神社などはいずれ壊れるか捨てられる運命でしょうけれども、もし誰かが捨てられた神社の中から神様やお地蔵差が出てきたとき、どんな顔をされるのか見てみたいですが当然その頃には私は天国か地獄かのどちらかに行っていますから見れませんけれどね。
本当にコメントを頂きありがとうございます。
とても嬉しく800字しか書けないのでこの辺で失礼します。
ありがとうございました。

y&mさんへ、ゆらり人
2018/03/06 18:17
こんばんわ。
今は何かとお忙しいと思いますのに、コメントを頂きありがとうございます。
 そんなんですよね、言った言葉、書いた言葉が本人は良かれと思って書いたはずなのに誤解されることもありますね。
 自分のブログや受け身のお話にはあまり悩みませんが投げかけるお話には躊躇すること多く、こんなコメント書いていいのか考え込んでしまいますから、自ずと発進するのは苦手で頂くばかりで悩んでいます。
気持ち玉と言う素敵なアイエムが有るのでこれを私の気持ちや感想として出来るだけお渡しするようにしていますが何だか気持ちが届いたのか不安に思う時もあります。
 「そうだね」も抑揚を変えれば きつくにも可愛らしくにもどちらに取れますね。
日本人ならでは使える言葉が多く外国の人には「こいつ何考えてるんや」みたいな取られかたをするでしょうね。
 どうも最近はよく聞き違いが多く「何か言うた?」
「別に・・・」とかね多分私がお風呂や物つくりで独り言を言っているようで良く問いただされます。
奥さんもよく聞き間違いが多く馬鹿丸出しの夫婦です。
これ以上年を重ねると二人で永遠に話しがかみ合わなくなるでしょうね。
梅が終われば今度は桜ですね。
どちらを散策されるのでしょうか。良いところがあれば教えてくださいね。
ありがとうございました。

アモママさんへ、ゆらり人
2018/03/06 18:42
とってもいいですね、お地蔵様三体を入れるアイデア。

有難い感じがします。

もう、こうなると模型の域ではありませんね。

開眼供養されてはいかがでしょうか?
それで、宝くじでもあたった日には、もう、お参りの方がわんさか、わんさかですよ、きっと。
ごろー。
2018/03/10 14:05
すみません!過去のことは直ぐスルーするタイプで、コメント頂いていて失礼しました。
開眼供養はしていません、ただ気持ちだけは入っていますいずれにせよ、あの世に行く時は持って行かれませんから入魂すると後が困っりますからね。
それにこのお地蔵さんが嫌がると思います。
「お前みたいに似ても似つかない地蔵に作られても気分が乗らんわ、ま〜イワシの頭も信心から?とか言うから
、ま〜信じていればええんとちゃう?」なんてね。
ありがとうございました。
ゆらり人
2018/03/12 18:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
ふ〜っ!ネタがない!日常の雑風景 ゆらり人の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる